ダンクーガノヴァ



トップページユニットデータ>ダンクーガノヴァ

ダンクーガノヴァ

ダンクーガノヴァ HP EN 装甲値 運動性 照準値 移動 タイプ サイズ パーツ
6900 200 1650 70 145 6 L 2
地形適応 特殊能力 カスタムボーナス
空C 陸A 海B 宇A -
登場/加入時期:中東/クメンルートの場合14話「与えられた力」
ドラゴンズハイヴが擁する謎のスーパーロボット。葵の「超獣合神!」の掛け声によって4機のヴァリアブルビーストマシンが合神を開始。ノヴァエレメントが胴体および両腕を、ノヴァライガーが右脚を、ノヴァライノスが左脚を、ノヴァイーグルが頭部を構成する事によって完成する。世界中の紛争地域に突如現れ、敗色濃厚の戦力に味方して戦況を五分に引き戻しては去っていくという不可解な行動を取っていた。そのため、一般人の間にはかつての超大国の秘密兵器説、超古代文明の遺産説、異性人のオーバーテクノロジー説などの様々な噂が流れていた。4機のマシンのパイロットは契約によって集められるが、定期的に入れ替えが行われている。男女比から年齢まですべてが一定ではなく、男だけ4人の時や女だけ4人の時、30代もいれば全員が小学生だった時もあったようである。同時期に存在する他のメカと比較した場合、数段進んだ技術に基づいて開発されたと推測されるほどの強大なパワーを持つ。だが、ジェネレーターの特性に起因する5分の駆動限界時間がネックとなっている。制限時間をすぎると機内温度が100度を超え、さらに駆動を続けると瞬時に爆発してしまうという多大な危険を併せ持っている。やがてR-ダイガンとの激闘の最中、野獣のパワーとスピードに人間の精神を併せ持つ「ゴッドビーストモード」に進化し、更なる戦闘能力の向上も見せた。だが、戦闘能力はあくまで外敵から身を守るもので、本来の存在目的は地上の全ての生命データを保存するためのカプセルである。定期的にパイロットが入れ替わっていたのもデータ収集の一環で、もし地球が滅亡した場合でも宇宙に脱出させて護り抜くために造られたものであった。

ダンクーガノヴァ武器データ

名称 攻撃力 射程 命中 CRT 弾数 EN 気力 特殊効果 地形適応
ミサイルデトネイター 3100 1〜5 +15 +5 8 - - - 空A 陸A 海B 宇A
鉄拳(P) 3200 1〜3 +20 +15 - 10 - - 空A 陸A 海B 宇A
ブーストノヴァナックル 4200 1〜6 +10 +20 2 - 110 - 空A 陸A 海B 宇A
断空剣(P) 4300 1〜2 +20 +15 - 25 110 - 空A 陸A 海B 宇A
断空砲 4600 2〜6 +10 +10 - 30 120 - 空A 陸A 海B 宇A
ゴッドビーストモード(P) 5000 1〜4 +25 +25 - 70 130 バリア貫通 空A 陸A 海A 宇A

ダンクーガノヴァマックスゴッド

ダンクーガノヴァマックスゴッド HP EN 装甲値 運動性 照準値 移動 タイプ サイズ パーツ
7400 210 1750 75 145 7 空陸 L 2
地形適応 特殊能力 カスタムボーナス
空A 陸A 海B 宇A - 最大EN+100、移動力+1
登場/加入時期:地上ルート第34話「亡者再臨」
ダンクーガノヴァとR-ダイガンが超獣合神して生まれる最終形態。F.S.の指輪が光を放つとドラゴンズハイヴのトライセンデンスモードの封印が解かれ、キーワード「M・A・X・G・O・D」の掛け声の後に合神を開始。R-ダイガンがダンクーガノヴァの背部に装着され、サブジェネレータと飛行ユニットを兼ねる。そのため、ダンクーガノヴァ最大の弱点であった駆動限界の消滅に加え、飛行能力をも獲得する。ダンクーガノヴァを上回る性能を持つアンノウンの融合体を一撃で吹き飛ばすパワーを見せた。

ダンクーガノヴァマックスゴッド武器データ

名称 攻撃力 射程 命中 CRT 弾数 EN 気力 特殊効果 地形適応
ミサイルデトネイター 3100 1〜5 +15 +5 8 - - - 空A 陸A 海B 宇A
鉄拳(P) 3400 1〜3 +20 +15 - 10 - - 空A 陸A 海B 宇A
ダンブレードシュート(P) 3600 1〜4 +15 +10 4 - - - 空A 陸A 海B 宇A
ブーストノヴァナックル 4200 1〜6 +10 +20 2 - 110 - 空A 陸A 海B 宇A
断空剣(P) 4300 1〜2 +20 +10 - 25 105 - 空A 陸A 海B 宇A
ファイナル断空砲 5000 2〜7 +20 +15 - 60 130 - 空A 陸A 海B 宇A
断空弾劾剣(P) 5200 1〜3 +25 +20 - 80 140 バリア貫通 空A 陸A 海B 宇A