ヴィンセント可翔式



トップページユニットデータ>ヴィンセント可翔式

ユニットデータ(3段階改造)

ヴィンセント可翔式 HP EN 装甲値 運動性 照準値 移動 タイプ サイズ パーツ
5150 190 1330 135 163 7 空陸 S 3
地形適応 特殊能力 カスタムボーナス
空A 陸A 海C 宇A -
登場/加入時期:第39話「禁断の継承者」(スポット参戦)
ランスロットの量産化に伴い、先行試作機として開発されたKMF。性能はベースとなったランスロットに匹敵し、高い運動性能と攻撃力を誇るが、ランスロットとは異なり、脱出機能も備えられている。武装も変更になっており、両肘にブレイズ・ルミナスを応用したニードルブレイザーを装備し、ランス型となった2基のMVSは連結させる事も、それぞれ単独で剣として使用する事も可能。本来はキンメル卿の機体となるはずだったものをロロが奪い、以降、専用機として使用している。フローとユニットは装備されていなかったが、ギアス嚮団襲撃の際に飛翔滑走翼が装備された。

武器データ(3段階改造)

名称 攻撃力 射程 命中 CRT 弾数 EN 気力 特殊効果 地形適応
スラッシュハーケン(P) 3400 1〜5 +30 +15 10 - - - 空A 陸A 海B 宇A
MVSランス(P) 3900 1〜3 +25 +10 - 15 - - 空A 陸A 海B 宇A
絶対停止のギアス(P) 4400 1〜7 +50 +50 - 40 120 バリア貫通
サイズ差補正無視
空A 陸A 海A 宇A