キャラ、ユニットの育て方 -第2次スパロボZ再世篇-



トップページデータベース>キャラ、ユニットの育て方

育て方〜パイロット〜

今作では、パイロット養成で習得させることがスキルで「SP回復」があります。1ターンにSPが10回復するもので、とりあえずこれを習得させておくと一気に楽になります。全員に習得させてもいいくらいです。これがあるおかげで、今作の難易度は前作と比べると格段に低くなっていると言えます。それくらい便利なスキルです。

ゲッターやアクエリオンなど、全員がメインパイロット扱いで養成ができる場合、役割分担を考えて養成するのがポイント。例えば最初から援護攻撃を持っているシルヴィアや渓はそれを活かすために連携攻撃のスキルを習得させる、など。しかしこの場合でもSP回復を全員に習得させてしまっても強力です。3人全員に習得させると、精神ポイントが尽きることがまず無くなります。鉄壁を使うことができる限り撃墜されることは殆どありません。

そのほか、SRポイント獲得を重視する場合、SP回復よりも優先して「連続行動」のスキルを習得させるのが良いです。気力120以上の場合に敵を撃墜すると再行動できるというもので、1ターン内により多くの敵を撃墜したい場合に効果を発揮するスキル。また、敵を踏み台にする形でより遠くに移動することもできるので、習得させておくと非常に役立ちます。

アクエリオンのキャラは、エレメントシステムが発動すると、3人の能力のうち最も高い値が能力値に適用されます。つまり、3人それぞれが別の能力値を上げておくと、非常に強力な能力値になります。1人は格闘、1人は回避、1人は技量、というように養成で能力を上げていくと効率が良いです。

育て方〜ユニット〜

ユニットに関しては、改造すればどれも使えないことはないので、どのユニットを改造するかは好みですが、特に使いやすく強力なユニットを挙げます。

ブラスタEs(ブラスタ)

15話までは主人公のクロウが登場せず、エスターが主人公扱いですが、エスターのブラスタEsの改造はクロウのブラスタに引き継がれ、クロウが登場してからもしばらくはエスターも一緒に戦えるので、クロウが登場する15話前にフル改造してしまうのが良いです。以降、最後まで主力となれるのは間違いありません。

ガンダムデスサイズ

周囲の味方(と自分も)の能力を上げるジャミング能力があり、デュオの能力も高く、武装も使いやすいので序盤では部隊の中心となれるユニットです。ガンダムデスサイズヘルへとパワーアップもするので、最後まで使っていけます。唯一、射程が短いのが弱点なので強化パーツで補いましょう。

アリオスガンダム

搭乗するアレルヤの能力が高い上、移動力は全ユニット中でも屈指。しかもフル改造するとボーナスで移動後に全ての武装が使えるように。削り役として大活躍できます。

蜃気楼

ゼロの専用機体。武装は2種類しかないものの、威力は高く、運動性も高め、絶対守護領域で4000までのダメージを無効化するなど、非常に強力な性能です。この機体に乗ってからは、ゼロは戦術指揮をするだけキャラではなく戦闘面でも一流になります。

紅蓮弐式

紅蓮弐式は、コードギアス系のユニットでは最も攻撃能力が高く、カレンの能力も高いのでおすすめ。敵に狙われやすいため、反撃で敵をどんどん倒していけます。何度もユニットがパワーアップし、そのたびにさらに強力になります。こちらは燃費が悪いのが弱点なので、ENを改造や強化パーツで補いましょう。

デスティニーガンダム

デスティニーガンダムは燃費が悪いことを除けばガンダム系ではかなり使いやすい部類。シンがSEEDを発動するのも大きいです。

アクエリオン

アクエリオンは、上のパイロットについての説明でもある通り、エレメントシステムがあること、全員がパイロット養成できることがあり、パイロット、ユニット両方育てれば反則的な強さになります。

真ゲッター

こちらも3人とも養成できるので、アクエリオンと同じ理由で非常に強力。武器の威力は最大まで上げてしまっても損はしません。真ゲッター2になれば援護攻撃もできるのでボス相手に大活躍できます。